FC2ブログ

スポンサーサイト

御名神亭の業務日誌

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『夏の幻。』 4

御名神亭の業務日誌

 初めてのキスは軽く唇が触れ合うだけ…二度目のキスは夏海の舌が進入してきた。
 ちょっと驚いたけど、そのまま痺れるような感覚に流される。

「んはぁ…な、夏海…今の…凄かった…。」
「あっ…ごめんなさい。…あ、あのね、陸君。…陸君はエッチな女の子は嫌い?」
「馬鹿…。」

 夏海の問いに僕は急に恥ずかしくなり、照れ隠しに僕からキスをして…競泳水着の上から夏海の胸を触る。水着の生地越しに感じる柔らかい手触りに、僕は夢中になる。

「ふぅ…んん。ぁあん。」

 胸を触られる夏海から声が漏れ出し、ふくらみの先端が水着を押し上げてくる。僕はたまらず

「な、なぁ、直接触ってもいいか?」
「え?…いいよ…だけど私だけじゃ恥ずかしいよ…陸君も脱いで…。」
「あ、…あぁ。」

 なんとなく間抜けな返事をしながら僕は服を全部脱いだ。夏海は水着の肩紐を腕から抜き取り、お腹の辺りまでずらしている。

「夏海…。」

 後ろから抱きつき、裸の胸を揉み始める。その感触に僕は感動し、つい力が入りすぎてしまったらしい

痛っ、陸君…もう少しやさしくお願い。」
「あ、ゴメン…。」

 なんだか本当に謝ってばかりだなと苦笑しながら今度は優しく触りながら、片方の手は少しずつ下がって行き、ハイレグにカットされた水着越しに夏海のアソコを触る。

 「うぁ、ん…凄い…いい…あぁ、お尻に…陸君の硬いモノが当たってる…もうだめぇ。陸君が欲しいのぉ。」
 「うん。僕も、もう我慢出来ない…。夏海の中に入りたい。」

 限界まできていた僕は夏海に覆いかぶさる様に押し倒し、もう水着を脱がすのも待てない。水着の股布を引っ張り、横にずらすと夏海のアソコに僕のモノをあてがい入れようとするが、上手く入らない。
 あせる僕を見て夏海は僕のモノに夏海の細い指で触れて導く、

「陸君…ここだよ…。」

 ヌルッっとした感覚とともに夏海に入っていく。

「う、わ…入った…夏海の中、熱い…。」
「んんっ!…うん、入ったよ…陸君のも熱い、私やけどしそうだよ。」

 しばらく動かず見つめあっていたが、少しずつ腰を動かしていく。

「んっ…ふぅ、あっ…はあぁ…痛っ。」
「えっ?ゴメン痛かった?」
「違うの…その…凄く気持ちいいんだけど…。」

 言いよどむ夏海にようやく僕も気が付いた。裸の背中にコンクリートが直接当たっているのだった。
 僕は夏海の背中に腕をまわすと、グイっと引き上げ座位の形になる。

きゃっ!や、やだ…この格好だと深い…。」
「これなら背中痛くないだろ?だけど、ちょっと動きにくいな…。」
「いいよ、私が動くから…陸君は私を感じて…。」

 そういって夏海は動き出す。そんな夏見は凄くきれいで…エッチで…、僕はすぐに上りつめていく。

「んん、あぁ、夏海…夏海、もう我慢出来ない、出そ…う。」
「はぁ…ああ、うはぁ…陸くぅん、私も…私もいくから…いっしょにぃ…。」

 僕は我慢出来ずに熱い白濁液を思いとともに夏海にぶつける。

「も、もう駄目だ!な、夏海ぃ!
「うぁ…熱い、ふぁあ…わ、私もいく、いっちゃうぅぅ!

 夏海の身体が一瞬こわばり、そして今度はぐったりと力が抜けたように荒い息で、僕に体重をあずけてきた。
 そんな様子が、なんだかすごく可愛くて、気が付けば夏海の頭を撫でていた。

「ねぇ、陸君…。私こんなに幸せなエッチ初めてだった。」
「夏海の事は、俺が守ってやる、だから…安心しろ。」
「…うん。」

 そして思いを確かめるようにキスをして、また自然に身体を重ね合わせた…。
 月明かりに照らされ、水着も脱いでその全てを僕に晒してくれた夏海は…すごくきれいだった。


おい、起きろ波野、なんて格好で寝てる…。」

 …気が付くと夏海は既におらず、僕は一人でプールサイドで寝ていて…畑中先生が呆れていた…

げっ!

 僕の格好は…裸に衣服が上からかけられただけだった…。

「げ、じゃないだろう。まったく、あんまり遅いから心配してたら、早川が『波野君が寝ちゃってるから…。』って逃げるように帰っていくから来てみれば…。何をしてたかなんて聞かないぞ。とっとと服を着て家に帰れ。俺は何も見てないからな。

 念を押すように言う先生に僕は居心地が悪くなり、逃げるように帰った。


 だが、二学期に入って、夏海は学校に来なかった。理由を畑中先生に聞きにいけば、

『早川は親御さんの都合で急に転校していった…表向きはな。…理由はお前さんには分かるだろうが…。』

 と、コッソリ教えてくれた。
 だが、しばらくして夏海の転校理由に妙な噂話が流れだした。噂の元凶は調べるまでも無い、あの部長が腹いせに夏海の事を自分に都合のいいように吹聴して回っていたのだ。
 さすがに僕はキレて奴を殴りにいった。かなりボコボコにしたらしい。途中で畑中先生に止められたが…。
 それ以降何とか噂は収まっていったが、僕は夏海を守る約束を果たせず…心はポッカリ穴が空いたように無気力になってしまった。


 あれから数年、…結局、俺は受験も就職も失敗し、見かねた畑中先生が(今は教頭先生になっていた)、進めるままに母校の用務員を今年から始めた所だった。

 時々仕事の合間にプールを見つめながら、あの夏の幻を思い出して、止まったままの季節を、煙草に火を付ける事で振り払う。

こら!校内は禁煙でしょう。ちゃんと指定された所で吸ってよね!」

 突然、声をかけられびっくりしながら振り返り、俺は二度驚く。

…、夏海…か…?」
ちょっとぉ、私を忘れたの、ひどいなぁ陸君は。まさか、あの日の事まで忘れた?

 そこに立っていたのはスーツを着た夏海だった。

なんで?なんで夏海がここに居るんだ?突然居なくなって…俺は…。
「へへ~ん、教・育・実・習だよ。私、先生目指してるの。…それから、あの時はゴメン。実際に親の転勤自体はあって…、私は残る予定だったけど…、私の事が…、親にばれてね…。それよりその後の事、畑中先生に聞いたよ?ゴメンね私のせいだよね?
「いい…もう何でも無い。俺は夏海がいればいいんだ。」
「うん…私も陸君がいればいいよ。…ね、もう一度約束の…。」
「ああ…。」

 二人の影は重なり合い、止まったままの季節はまた動き出す。今年の夏はとても暑くなりそうな予感がした。
 
 そして…約束を確認する…キス…。

    (『夏の幻。』 終。)
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

Comment

[75] あとがき。
 ぶっちゃけ、ここまで長くなるとは自分でも予想してなかった(汗
 ただの思いつきだったのだが…基本設定は
「学校のプール」「競泳水着」「クラスメイト」「初恋」だったのだが、どこからか、
「現場の目撃」「非処女ヒロイン」「別れと再会」が追加されて…
 何だか自分で書いていてこう言うのもなんだが、二人がかわいくてしょうがない(ぉ
 ラストシーンなんて、当初は予定外なんだが、読み返すと泣けそうになってるし(ぉぃ

 ともかく、皆さんが楽しんでいただけたら幸いですm(_ _)m
[76] (ToT)
いい!すごく良い話です!
切なくて、ちょっとほろっと来ました。
水上さん、「師匠」と呼ばせてください!!

あ、エロのところもばっちりでした。
[77] 畑中先生
は教頭先生になったはいいけど、善い人を引退。
拾った魔道書に夏海を(以下検閲)…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・…
で、更に陸君が教頭の僕、妖武員になって…学園内で繰り広げられる。
エログロホラーに発展……そして、また二人の愛は試され……ないってばw

絶対自分じゃ書けない(本音こういのも結構書きたいんですがw)素敵な話。
ごちそうさまでした♪
[78] よかった~(笑
 反応が返って来て。しかも好評で(ぉ
 これで無反応だった日には、「あぁ、オナニー小説書いちまったたんだな~」と、凹む事うけあい(笑

●こーみんさん
 しっかりエロの所もほめていただきありがとうございます。ちょっと今回はエロ濃厚目指してみたり(まだまだですが)。

 師匠ですか…もう、好きに呼んじゃって下さい。自分は自分って事で(ぉ

●Charonさん
 いや~、すごい展開ですね。そちらは書けないなぁ(笑
 しかし、自分で書いててなんですが、かなりテレながら書いてました(笑
[83] そして、時は動き出す
もうね、3の後半から身もだえしながら読み進めてましたよ。
見てるこっちがハズカシイったらありゃしない。(笑)
あぁ、これが青い季節ってやつですかねー(遠い目)

もし「続・夏の幻」、「夏の幻-外伝-」を思いついて、気が向いたら
また書いてください。期待せずに期待してます。(謎)


・雷太さんならわかってくれる?
ちょい話しが飛びますケド、ニトロOHP「塵骸魔京」キャラ紹介の
黄葉ちゃん、飛龍 乱氏の絵に結びつきません?(特に口が)
氏の絵は好きなんですよねー。
ひそかに、主人公が「管理人さん」→「黄葉さん」と呼ぶ展開を期待してたりします。

それじゃ気が向いたら、また来ます。(えーっ)
[84] ありがとうございます。
>見てるこっちがハズカシイったらありゃしない。(笑)

 書いてるこっちもハズカシイったらありゃしない(笑
 ともかく、何か“思いつけば”書きます。

>黄葉ちゃん、飛龍 乱氏の絵に結びつきません?(特に口が)

 言われて見れば確かに(笑 あんまりコミックは持ってないですが、確かにいい絵を描きますよね。

 では、またお越し下さい(笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

水上雷太

Author:水上雷太
『水上雷太』
 「全スポ会会長」
 「御名神亭やとわれ店長」
 「サイト管理人」
 様々な“自称”を使い分ける男。ぶっちゃけ三十路ヲタ(ぷ

 ブログ開設4年目に突入し、何を血迷ったかサイトまで開設する。 どこまで突き進む気だ?

『御剣みこと&ほむら』
 御名神亭の店員。双子の姉妹。
 一見中○生並のコンパクトボディだが18才以上(笑
 一人称が「ボク」と「オレ」だが女の子。
 ほむらはふた○りだが女の子!

『Dr.ノーザンウェスト』
 御名神亭に住み着く、謎の「萌え学」講師。
 某キ○○イ博士に似ているのはただの噂(笑
『ワイルド=エルザ』
 通称「ワルザ」Dr.が某所から設計図を入手して作り上げたモエロイド。
 語尾はお約束の「ロボ。」(笑

 ここは、上記メンバーでお送りするエンターテイメントサイトである。

 リンク&アンリンクはフリーです。ご一報頂けると、リンクを貼り返します(笑





QRコード

FC2ブログランキング

あなたの一票をお願いします。

フィオリーナの以心伝心さんの
竹島プロジェクト2007  みんなで竹島の日を盛り上げよう!キャンペーンを応援しています。 20070122151145s.jpg
JOKER×JOKER管理人、恭介様ご提供 20070122232637s.jpg
natsuka.net、 あんた何様?日記管理人、なつかもとや様ご提供
合言葉は、、、、 今年も釣ろう、韓国メディア。w



このブログをリンクに追加する

検索エンジン最適化

-天気予報コム- -FC2-


この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。